ガスや電気の影響を受ける給湯器の水漏れ

給湯器から水漏れが起きる状況を想定すると、非常に危険なことがわかります。内部から水が漏れたときに、どこにかかるのか、その場所によっても被害が大きく広がる場合があるからです。

■不完全燃焼するときのガスが出す一酸化炭素

給湯器の内部で水漏れが起きると、さまざまな場所に水がかかります。ガスで燃焼しているタイプの場合、水がかかることで不完全燃焼につながる可能性が問題です。水漏れだけで済まない状況で、不完全燃焼から一酸化炭素が発生します。中毒になると死に至ることでも知られる一酸化炭素は、非常に毒性が強いので危険です。
給湯器は屋外に設置されるため、一酸化炭素出中毒になる可能性は低いものの、室内に流れ込む可能性も出てくるため、水漏れが出ている状況は非常に危険なサインです。実際にお湯も出にくくなることから、使用をやめて、できるだけ早く点検して修理しましょう。

■水漏れに相性の悪い電気

電気の問題も出てきます。内部で水が漏れていけば、電気を使っている装置にかかってしまうのは避けられません。その水をうかつに触ると、感電する可能性が出てきます。そのため電源を切って確認する必要があります。
水漏れしたまま給湯器を使用すると、内部の電気系統の部品がでショートする可能性が出てきます。ショートすれば、給湯器内部が破損することになるので大きなダメージを与え、部品の交換程度では済まないことも出るため、できるだけ早い修理を考えなければいけません。

■まとめ
給湯器の水漏れは、単に水が漏れているという状況だけではすまないことが多くあります。ガスや電気を使うため、これらのエネルギーの影響も受けることになるからです。ガスや電気は目で見て判断もできない危険なものでもあるため、無理をして修理しようとは考えず、早急に使用をやめて専門業者に依頼し、点検から始めましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ