給湯器からの水漏れと水抜き栓からの排出

水漏れが起きる状況と、給湯器が意図的に内部の水を流すのは、別の意味を持ちます。水漏れと思っていたら、実は排水用のドレンから流れているだけのこともあるからです。この二つを区別しておかなければ、修理を依頼しても無駄になってしまいます。

■内部の水を排出する水抜き栓

給湯器には、内部の水を逃がすための水抜き栓があります。重要な役割を持つ装置で、どの機種でも取り付けられている装置です。水抜きに使われており、給湯器の内部で圧力が上がった場合、減圧するために水を排出する役割があります。危険な状況になるのを回避するために必要な装置です。
内部の点検をするときにも、水があっては邪魔になるため、水抜き栓からすべて排出することもできます。凍結を回避するために、給湯器が水を抜くというのも、ここから行われるため、大事な役割を持っているといえるでしょう。本体からの水漏れとは、全く違う状況です。

■大量の水が溜まるのは異常

水抜き栓から水が流れる状況は、給湯器の正常な機能です。だからといって、大量の水が流れ出すようなことはありません。仮に流れ出して止まらない状況であれば、内部で大きな問題を抱えていると考えられます。故障して大量の水が流れ出している状況は、給湯器としても危険な状態です。早めに点検しなければいけませんし、このまま使用するべきではありません。
水抜き栓からの水が大量に溜まることはないということは、故障と区別できるポイントになるため、知っておくと便利です。判断がつかず不安な場合は、業者に依頼して点検してもらうといいでしょう。

■まとめ
水抜き栓から水が大量に流れている状況は、正常な状態ではありません。水道管から必要な量を取り込み、お湯にして送り出すという機能の過程で問題があると考えられます。どうしても目につきにくい場所に設置されることもある給湯器ですので、気がついたときにはチェックすることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ