給湯器の配管が凍結して水漏れ

給湯器にはいろいろな配管がつながっており、それぞれが大切な機能を持っています。この配管が凍結する状況になると、大きなダメージを受けることになるため、水漏れなどが発生します。

■配管が凍結して破損

水道の配管がつながっており、内部で温めてお湯を作り出すのが給湯器ですが、屋外に設置されているため、水道の配管が凍結する場合が出てきます。屋外にある配管なので、気温の影響を直接受けるのが問題です。
水は0度を下回ると凍結します。凍結すると、体積が増えてくるため、内部から圧力がかかることになります。力が逃げる場所があれば問題はありませんが、凍結が進むと、逃げ場を失った力がそのまま配管自体にかかります。凍結は配管全体に波及するため、どんどんダメージが蓄積して、やがて配管が耐えきれなくなり、圧力に負けて破損すると水漏れが発生します。一度破損すれば元に戻らないため、全体的にダメージを与える深刻な状況です。

■給湯器には凍結しない装置がある

凍結で破損する状況は、複数の配管を持つ給湯器にとっても危険な状況です。お湯を出そうとしたときに、水の供給がされなくなるからです。冷たい水が流れ込む状況も問題があるため、配管は養生されています。凍結しないように、給湯器に凍結防止の装置も取り付けられているため、内部では凍りにくい状況です。この機能は、電気があってはじめて機能します。電源が抜かれると、どんなに高機能でも機能しなくなり、故障する危険性が高くなるため、注意が必要です。

■まとめ
凍結する状況は、水道配管が外にある以上、切り離すことができません。凍結してしまったときには、急激に温めることも破損する原因となるため、自然に溶けるのを待つのがベストな方法です。もしも、そのあとに本体から水漏れが起きたときには、点検して修理することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ