給湯器の経年劣化から起きる水漏れ

日常生活の中で便利な給湯器ですが、水漏れが発生すれば、使うことができなくなります。トラブルとなる原因はいろいろとありますが、経年劣化は避けられない状況です。そのため定期的に点検も必要で、見逃さないことが何よりも重要になってきます。

■過酷な環境だからこそメンテナンスが大事

給湯器は使っているうちに部品が傷んできます。いつまでもメンテナンスをせずに使える機器ではありません。時間とともに部品は劣化していきます。経年劣化と呼ばれますが、どんなものも避けることができない自然現象です。
給湯器の場合には、さまざまな配管で接続されており、それぞれが機能しています。配管も劣化しやすい環境にあるのは、冷たい水から温度の高いお湯を作りだすことも理由の一つです。温度変化は、物質にダメージを与えやすく、どうしても劣化を早めます。すぐに壊れることはありませんが、メンテナンスは必要です。

■複雑な構造でパッキンなどの劣化が水漏れに

配管など複雑な構造を持つと、その分だけ弱い部分ができてきます。隙間ができやすいため、パッキンなどでカバーするのが一般的です。ねじ山などにもシールテープなどで漏れにくい状況を作りますが、これらも劣化が進みます。点検をしながら定期的に交換を考えなければいけません。
水漏れの状況を考えると、いろいろな点で違いがあります。本体内部から漏れてくる状況では、どこかに問題を抱えている状況です。排水用のドレン以外から漏れている状況は、故障につながるため、使用を中止して早めに点検する必要があります。

■まとめ
給湯器から水が漏れてくることはありません。必要のない水は、排水用のドレンから流すからです。本体側から漏れてくるのは、部品の異常がある可能性が高いので、専門業者に点検してもらい何が異常を出しているのか、確認してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ